ドライバーの仕事をするのなら合宿免許で最短で取得しよう!

2020年7月7日

ドライバーの仕事がしたい。将来の事を考えたら何か運転の仕事がしたいと考えているのなら、合宿免許を最短で取得するのも良いでしょう。

できるだけ早く夢をかなえるために免許を習得するのなら、合宿免許は最短でその夢をかなえる事ができる扉だと言えるのではないでしょうか。

 

1.ドライバーに必要な合宿免許を最短で取る条件とは?

ドライバーの仕事をするために必要な自動車運転免許ですが、普通の車の運転とは違うのは当然です。なぜならほとんどのトラックや重機はATではなくMT、MTは合宿免許で最短で取得すると何日かかるのでしょうか。

MTの場合はATの場合と違って運転の仕方がちょっとだけ複雑です。ですので当然合宿免許であってもATの免許の取得のようにはいきません。そうですね、合宿免許で最短で15日以上はかかるでしょう。

ところでドライバーのための免許の条件としては、最低でも普通免許のMTを取得する必要があります。もちろん重機の場合も合宿免許を最短で取れる教習所もあります。

つまりドライバーに必要な免許を取得するための条件としては、合宿免許があって最短で卒業する事ができる教習所を探すという事だと言えるわけです。

合宿免許をできるだけ最短で取得して、できるだけ早くドライバーとしての道を進んで欲しいものです。

 

2.重機などの合宿免許を最短で取得する事ができる教習所はある?

一般的に合宿免許というと普通自動車というイメージが強いようですが、普通免許だけが合宿免許で最短で取れるという事はありません。当然ですが重機なども合宿免許で最短で取得する事が可能です。

もちろん教習所の中には普通自動車の免許意外は合宿免許は扱っていないというところも多いでしょう。ですがやはり重機の合宿免許を最短で欲しいという人のために、それを扱う教習所もしっかりとあるのです。

ですが一般的な教習所のサイトなどではわかりにくいものですよね。実は重機などで合宿免許を最短で取得する事ができる教習所は、意外というか当然というか限られているものなのです。

ある意味合宿免許だからこそ最短で重機の免許を習得できるのかもしれません。ではどこの教習所で重機の合宿免許を最短で取得する事ができるのかというと、重機なら「那須クレーン教習所」や大型車専門教習所などがあります。

もちろん普通免許証の合宿免許も最短取得する事が可能です。中にはインターネットで予約をすると割引になる教習所もあるので、比較的費用を削減して取得ができるかもしれません。

特殊車両などの合宿免許は最短で2日となっていますが、これは他の免許は取得済であるからこれだけ早いわけです。さらに受講料に関しては重機未経験の場合はおよそ10万円弱、経験者の場合は4万円弱とリーズナブルです。