目標を決めて期間内に免許を取りたいのなら合宿免許を最短取得

2020年7月7日

運転免許を取得したいと考えている場合に気になるのは、教習所に通い始めてからどのくらいで免許を習得できるのかです。

イメージとしては教習所に通い始めてから、免許証を手にするまでには個人差を考慮しても、最長で半年ギリギリで取得する方も多いと聞きます。

だったらダラダラと教習所に通うのではなくて、合宿免許で最短で免許を取得した方が確実なのではないでしょうか。

 

1.合宿免許は最短どのくらいで取得できるのか?

気になるのは合宿免許だと教習所に通って取得するよりも、断然早く免許を習得する事ができるという話しです。

よく合宿免許だと最短○○日で免許を取得する事ができます。という見出しをみると「本当に誰でも簡単に最短で免許が取れるのか」と疑問に感じますね。

一般的に合宿免許で免許を習得しようとしたら、最短どの程度で免許を習得する事ができるのかというと、それぞれの教習所でチェックすると約2週間と書いてあります。

つまり合宿免許は最短2週間で取得が可能であるという事になるわけです。

 

2.確実に合宿免許を最短で取得するための教習所選びとは?

合宿免許を最短で取得するためには、まず必要なのは教習所選びです。教習所の中には同じ合宿免許でも最短で取得できる期間というのが違ったりするのです。

ですから合宿免許をどのくらいで取得できるのかをチェックする事から始める必要があります。最短で取得するためには教習所の取り組みや最短日数を確認すべきなのです。

例えばAの教習所では合宿免許の最短取得が13日だったとします。ところがBは最短で15日となっていたとしたら、可能性を考えて13日の方を選択すべきなのは当然でしょう。

ですがもう一つ気をつけたいのは合宿免許を取得する時の費用などです。実は費用もバラ付きがあるので、例え合宿免許を最短でとれたとしても、費用が高過ぎるのでは問題です。

この事から合宿免許を取得する場合、最短で取れる日数も考慮しますが、費用などについても考慮してみても良いかもしれません。また、実績を重視してもいいですね。

実績があまり良くない場合は、もしかしたら合宿免許を最短で取得する事が難しいかもしれないからです。

それともう一つ気をつけなくてはならない事があります。合宿免許はMTとATでも最短の取得日数が変わってきます。ATだと当然ですが早く取得が可能だと言われています。

ところがMTだとやはりいくら合宿免許であっても最短は若干長くなってしまうのです。将来的な事を考えてMTを選択する場合、やはり若干の日数は覚悟した方が良いでしょう。