大型免許をなるべく早く取りたいなら合宿免許が最短です

2020年7月7日

仕事にトラックドライバーを選択する方も多いですね。最近では男性ドライバーに負けないくらい女性ドライバーの数も増えてきています。免許を取得する必要がある場合には、大抵の場合が合宿免許で最短取得を狙うのではないでしょうか。

その方が早く仕事に就く事ができますし、合宿免許の方が最短で取得できると同時に、費用の方もそれほど高くなくて済むからだと言われています。それに以前とは違って大型免許の種類が増えた事で、従来の方法よりもより確実性があるのです。

 

1.合宿免許で大型免許を取得するメリットとは?

ご存知の通り平成19年6月からは従来の大型免許の取得をする時の方法や、免許によって運転する事ができる車の種類が変わりました。これまでは一発免許で大型を取る人が多かったのですが、それが難しくなり最短で取得するなら合宿免許が適しているのです。

しかも取得をする時の流れも全く変わってしまいました。以前は構内を運転する試験を受けて、それに合格すれば免許が交付されていましたが現在では違いますし、それに試験車両も以前より長くなったのです。そうなると合宿免許が最短の近道になるわけです。

つまり一発免許に何度もチャレンジをするのなら、合宿免許で大型の免許を取得した方が良いわけです。最短で9日で免許を習得できますし、費用の方もかなり安く取る事ができるのでおすすめできるのです。

法改正以前と法改正後の違いについてもしっかりと考慮してみてください。今は一発で取れるほど簡単ではないのです。では次になぜ合宿免許だと最短で取得ができるのかについてに触れてみたいと思います。

 

2.なぜ大型免許は合宿免許が最短で取得できるのか?

法改正後の大型免許の取得を一発でするためには、いくつものハードルを超える必要があります。中でも法改正後は試験に使う車両の長さが大きくなった事、重量も重くなった事があげられるでしょう。

しかも以前は構内試験のみだったのが、構内試験→路上練習→路上試験→取得時講習→免許交付といったプロセスがあり、路上訓練をする時には仮免許申請や費用がかかるのです。これを一発で合格する必要があるわけです。

一発免許ですが取得するまでに9日はかかります。そこで合格すれば問題がありませんが、そう簡単にはいかないのです。その点合宿免許で最短で取得する場合は、確実に取得する事ができるので合宿免許の方が良いという事になるのですね。

費用もそれほど安くはありません。一発免許だと一回で38,650円かかりますが、一回で合格しなければ費用はかさんでいきます。中には一発免許を何度も失敗して最後に合宿免許で……という方もいらっしゃいます。

結局合宿免許で取得したところ、最短で卒業し免許を習得できたとなると、一発免許がいかに危険な賭けであるかという事がわかります。できれば確実に取得できる合宿免許の方が良いという事になるのでしょう。