MTの免許を取得する必要があるのなら合宿免許で最短何日?

2020年7月7日

自動車の運転免許にはATとMTとがありますが、仕事などに活かしたいと考えているのなら、やはりMTの運転免許を取得する必要があるでしょう。もちろん合宿免許で最短で取得する事も可能です。

ところで合宿免許を最短で取ると言ってもどのくらいの期間で取得する事ができるものなのでしょうか。また、全ての方が必ずその期日で取得する事ができるものなのでしょうか。

 

1.MTの免許を取得するのにかかる平均的な日数は?

普通免許のMTというのはマニュアルトランスミッションと言い、運転をする時にはクラッチとアクセルそしてギアをチェンジしながら運転するタイプの車を運転する時に必要な免許で、当然合宿免許で最短で取得する事ができる免許です。

MTの場合は合宿免許で取得しようとしても、最短でも14日かかるなどATよりも若干日にちがかかってしまうものです。その理由はその独特の運転方法によるものだと言えるでしょう。左右の足と両手を使うので難しいと言われているからです。

最近はAT車が主流になっているため、MTの免許を取得する方は少ないと言われていますが、いつかMTを運転する事が無いとも限りません。実際に仕事で必要な時は素早く取得する必要があるため、未だに合宿免許で最短取得する人が多いのでしょう。

一般的に、合宿免許で最短でMTの免許を取得しようとしたら、取得までに必要な平均的な日数はどのくらいなのか気になりますね。最短と言ってもやはり個人差があるものです。ですがさすがは合宿免許なだけあって、最短で卒業する人は8割以上いるそうです。

 

2.MTの免許は教習所と合宿免許ではどちらが最短なのか?

誰もが疑問に思う事かもしれませんが、MTの免許を欲しいと思った時に教習所へ入学して免許を習得するのと、合宿免許とどちらが最短で取得する事ができるのか気になったりした事はありませんか?

この質問を実際に免許を習得した方に聞いてみると、MTの場合は確かに時間がかかってしまいがちです。それに免許証も一発で試験に受かるとも限りません。合宿免許なら最短ではなくても確実に取得する事ができるでしょう。

そういう点を見ればやはり教習所で安くMTの免許を習得するのであれば、合宿免許で最短ではなくても確実に免許を習得した方が、結果的には費用がかからずに済むという考えもできるかもしれませえん。

問題なのは教習所で取得する場合の費用と、合宿免許で最短取得する場合の費用の差ではないでしょうか。ですがよく考えてみたら何度も試験を受けるのであれば、合宿免許の方が安くかったという事になるかもしれませんよ。