自動車免許は期間が短い合宿で!

2020年7月7日

自動車免許を合宿で学ぶ場合のほうが、早く学習が終わるイメージがありますが、期間について詳しくみていきたいと思います。

 

<実際の期間はこのくらい!>

教習所に通う場合は、数ヵ月は通学することになります。

一日に受ける事ができる授業の数が決まっていたり、学校の授業や仕事との兼ね合いで、免許合宿のようなスピーディーさはあまり期待できません。

教習所に通う期間は9ヶ月から1年と、教習所によって決まっているので、その期間内で卒業試験を合格する事を目指します。

一方、合宿免許では、最短約2週間で卒業可能です。早く自動車免許がほしい人には、合宿免許がオススメです。

 

<期間が短いことのメリット>

合宿免許の場合は、期間が短いので、仕事などで急遽、運転免許が必要になり、早く取得したい方や、普段は授業やバイトで、教習所に通う事が難しいけれども、夏休みなどを利用して教習所に通う事ができる学生におすすめです。

短期間で集中的に学ぶので、モチベーションを維持したまま、卒業まで駆け抜ける事ができます。

実際に車に乗る段階になると、ハイスピードで新しいステップに進んで行くので、とても楽しいです。

また、合宿免許の場合は、あらかじめ決められたカリキュラムに沿って学習していくので、通学する場合に比べて、予約を取る必要が無いというメリットもあげられます。

通学の場合は、予約が取りにくい時間帯や時期もあり、一回一回の間が空いてしまうと、忘れてしまったり、だらけてしまったりして、モチベーションの低下につながる事も、心配です。

 

<期間が短いことのデメリット>

通学の場合より、期間は短いですが、学ぶ内容は同じです。

ですので、スケジュールがタイトな分、中身が濃縮されており、ハードな学習生活になります。

定められた期間内で、通学コースと同じ量を学ぶので、精神的にもプレッシャーを感じる人もいるかもしれせん。

とくに学科は、次から次へと新しい知識を詰め込んで行くことになり、あったゆう間にテストを迎えるので、復習や試験勉強が大変です。

実技のほうも、前進で精一杯の中、カーブや縦列駐車など、高度な技術を短期間で磨く必要があります。

短期間だと思って、モチベーションを維持しつつ頑張ってほしいと思います。

合宿免許では、同じ志を目指す仲間がいるので、みんなで支え合いながら、合格を目指しましょう。

自動車免許を合宿で取る場合は、合宿中にひとがんばりして、短い期間で集中的に学び、早く運転免許を取得して、自動車に乗りたい人にはおすすめです。