夏休みを利用して免許合宿!

2020年7月7日

夏休みは合宿免許に行くのに、最適なチャンスです。

進学先や就職先が決まった18歳の高校生や、受験を乗り越えて無事に学生生活を迎えた大学生にはぜひ、免許合宿がおすすめです。

学校が長期休暇に入る夏休みの間に、免許合宿で車の運転ができるようになりましょう。

免許合宿では2週間前後の短期間のプランが主流ですが、試験に落ちてしまっては、合宿期間が延びてしまいます。

冬休みや春休みの場合は、休みの期間が短い為、万が一、試験に落ち続けた場合は合宿期間が休み明けの授業に食い込む心配が発生します。

そのような心配要素を拭う為にも、休みの中で一番長い、夏休みを選択すると安心です。

もちろん、夏休みに長期休暇が取れる社会人はこのチャンスを見逃さないでほしいです。

 

1.避暑地で涼しく免許合宿

免許合宿所は、田舎が多いですが、その中でも山の中の場合は、避暑地として涼しい所が多いので、夏休みの免許合宿に最適です。

暑い都会の夏を抜け出して、避暑地で涼しい数週間を過ごしながら、車の運転について学ぶ事ができるなんて夢のようです。

通学の場合は、暑い中、車の運転をするので、日焼けなども心配ですが、避暑地ならそういった問題も少しは解決してくれます。

旅行で避暑地に数週間も宿泊するとなると膨大な費用がかかりますが、免許合宿なら、宿泊費や食費、自宅との往復の交通費などを含めても、通学コースより安いプランとなっているので、とてもお得です。

避暑地で数週間も暮らすチャンスは、今後の人生でもほとんど無いと思いますのでおすすめです。

 

2.南の島で免許合宿

避暑地とは正反対の条件である、南の島ですが、暑い事と日焼けの心配を引き換えに、美しいビーチと開放的な空間が待っています。

避暑地と同じく、旅行で来るよりも安く、長期間の滞在する事ができます。

また、南の島の場合は、オプションでダイビング免許の取得コースを追加する事もできるので、1回の滞在で2つの免許を学ぶ事ができて、一石二鳥です。

免許合宿では、教習の時間以外が自由時間となるので、教習の合間や放課後に海で遊ぶ事ができるのも魅力的です。

合宿仲間と、数週間、毎日遊ぶ事ができます。

夏休みに免許合宿に行く事はたくさんのメリットがあり、行き先にもそれぞれの魅力がたくさんあるので迷ってしまいます。

自宅から離れた地で数週間過ごす経験は、人生のうちで数えるほどしか無いと思いますので、ぜひ、免許合宿で楽しんでほしいと願います。