二輪で楽しくツーリングがしたいなら合宿免許で最短取得

2020年7月7日

ツーリングと言ったら二輪でしょう。これまで原動機付自転車を運転していた方でも、大きな二輪を運転してみたいと思った事があるはずです。でもできるだけ早く免許が欲しい。だったら二輪も合宿免許で最短で取得すべきです。

今合宿免許で最短で二輪の免許を習得する方が増えているのです。二輪の場合も教習所で教習を受けるよりも、早く免許を習得する事ができますし、合宿の費用も総合的に考えると教習所よりも安くつくかもしれません。

 

1.二輪の免許は教習所だとどのくらいかかるのか?

二輪の場合の免許の取得に教習所を選択した場合、早くて1ヶ月ほどで免許が取得でき、遅い人でも半年間という期日があるので十分でしょう。ただし費用の方は15万円~20万円という高い金額がかかってしまいます。その点合宿免許は最短9日間程度で費用も1日1万円程度。

これは平均的な日数というのではなく、合宿免許を取得した場合の最短の日数です。当然ですが個人差があるので試験に合格しなければ、どちらも別途費用がかかってしまう事となり、当然日数も余計にかかってしまう事になるのは当然でしょう。

ところで費用の面から見てみると、教習所と合宿免許の費用にはかなり開きがありますね。取得する日数も最短で9日と1ヶ月では差がありすぎます。だったら最初から合宿免許で取得した方が早くて安くて良いではありませんか。

ですが今のところどうしても急いで免許が欲しいという方がやはり合宿免許で最短で取得しているようです。費用の安さもそうですがやはり取得までの日数が短いのが良いのでしょう。ただ確実に勉強したいのなら教習所もおすすめです。

 

2.二輪を合宿免許で最短で取得する時の注意点とは?

二輪の免許を合宿免許で取得すると最短9日で取得する事ができると言われています。これは合宿免許を扱っている教習所などのホームページを見ると書いてあるのでわかるように、平均的な取得までにかかる日数であると言えます。

それほど早く取得できるのだったら、合宿免許で取得をしたいと考える人も多いと思われます。ですがいくつか注意しなくてはならない事があります。それは最短で取得できるがゆえの問題であるとも言えます。

まず合宿免許は最短9日で取得する事ができるようですが、マナーや交通ルールなどしっかりと身につけなくてはならない事は身に付ける必要があります。これは自分の命を守るために必要不可欠な事でもあります。

それと合宿免許の合宿所では盗難などに注意する必要があります。相部屋だと盗難に遭遇する率が高いようです。なんでできたら別途お金を払って個室にしてもらうなど努力が必要かもしれません。これらの注意点を踏まえて合宿免許で最短で卒業を目指してください。